f042a9c5764f8d325cf3b14ed5928d41ドラマや映画に引っ張りだこで、
しょっちゅうテレビで見かける
尾野真千子さんですが、意外と

苦労してきているようなんです
今年の24時間テレビ中のドラまでは
芦田愛菜と共演し母親役を熱演!

sponsored link

尾野真千子プロフィール

171166_400

名前 尾野 真千子(おの まちこ)

生年月日  1981年11月4日(32歳)

出生地  奈良県吉野郡西吉野村(現:五條市)

身長  163 cm

血液型  A型

職業  女優

ジャンル  映画、テレビドラマ

活動期間  1997年 -

活動内容  1997年:主演映画『萌の朱雀』でデビュー

2011年  連続テレビ小説『カーネーション』ヒロイン

事務所  コムスシフト

<主な作品>

映画

『萌の朱雀』

『殯の森』

『クライマーズ・ハイ』

『そして父になる』

テレビドラマ

『火の魚』

『外事警察』

『Mother』

『カーネーション』

『最高の離婚』

中学3年生の時、地元中学校で靴箱の掃除をしている際に映画監督河瀬直美の目にとまり、1997年(平成9年)の映画『萌の朱雀』で主演デビュー。

2011年(平成23年)には、平成23年度下半期のNHK連続テレビ小説『カーネーション』のヒロインにオーディションを経て起用された。

 

48857b75ed27d212e3f7cc09d10a49ac

カーネーションでは、コシノ三姉妹の母でファッションデザイナーの小篠綾子をモデルとした主人公・小原糸子を演じた。

遅咲きの女優 尾野真千子

今や、ドラマに映画に引っ張りだこで当たり前のように見かける女優・尾野真千子ですが、けっこう苦労人なんです。

 

20111008212609

尾野真千子は、スカウトを受けデビューし映画『萌の朱雀』に主演で出演するという華々しいデビューを果たしています。

そして、この映画『萌の朱雀』では、数々の賞を受賞されているんですね。

しかし、それからがなかなか華を咲かせることができなくて、何年かあまり名前を聞かなくなってしまいました。

 

1231500119_photo

再度注目を浴びたのは2008年の公開された映画『クライマーズ・ハイ』でヒロインを演じての事です。

こうやって見ますと、約11年も期間があります。もちろん多くの作品に出演していますが、なかなか脚光を浴びていません。

売れない期間が長いので、結構苦労されたようで、アルバイトで生計を立てていたそうです。

アルバイトの中でも、スナックでのアルバイトは、割と最近まで続けていたらしく思い入れもあるようです。

噂では、仕事仲間やお客様と仲が良く職場自体に思い入れがあるという話です。

 

img_1

おそらくですが、2011年のNHK朝ドラ『カーネーション』に主演した頃から女優と言う本業一色になったと思われます。

さすがに、忙しく、光も見えてきたのでしょう、アルバイトはやめるようになったのでしょう。

 

o0220033911237827530

そんな尾野真千子は現在32歳。自ら「家事は嫌い」 「性格はガサツ」などと公言しています。

そういう発言などからサバサバしたイメージを通り越して性格ブスという噂まで出たことがあります。

 

image61133

関西出身で(関係ない場合もあります)、サバサバ系でもおかしくないのですが、手相に結婚線が出てきて喜んだという話もあります。

尾野真千子も32歳の女盛り、そして同年代で子供を持っている女性も少なくないと思います。

比べるわけでもなんでもないのですが、今年(2014年)の24時間テレビのチャリティードラマで母親役に抜擢されています。

Sponsored Link

24時間テレビで芦田愛菜の母親役を熱演!

24jikan_tv

毎年恒例24時間テレビ。子供の頃は、24時間テレビが近づくと宿題に焦り始める私でした。

毎日、プールの話になりがちで、きっと先生もお見通しだったのではないか?でも時効だ!という考えがよぎります。

 

m_E381AFE381AAE381A1E38283E38293E381AEE381BFE3819DE6B181

話が逸れてしまいましたが、その24時間テレビのチャリティドラまで、尾野真千子芦田愛菜の母親役として出演します。

ちなみに、父親役は、24時間テレビで司会も務める関ジャニ∞の大倉忠義になっています。

若くして乳がんと闘い、幼い娘に、自分がいなくなっても父親と家事全般をこなしていけるよう教えて天国に行ってしまいます。

子供を残して他界、家族を残して他界する・・その無念や苦しみは計り知れないものだと思います。

医療技術が進歩した現在でも、病気と闘うだけでも非常に大変で体力だけでなく精神力もかなり必要なことだと思います。

また、残される家族、今回はまだ小学生の小さい女の子なのですが、その子を残していく無力感や切なさ言い表せない苦しみがあるはず。

人間は、楽しい事が好きで遭えて苦しみを求め生きる人はいないと思いますが、目を逸らさず決して他人事と思わず受け止めることも必要。

今年の24時間テレビも、涙と感動と勇気で満載なのでしょうか、日本でも世界各地でも悲惨な天災も起きています。

時には、不満ばかりを心にためずにありがたいなと思えるところを見つけて感謝する心も持っておきたいと思います。