ryokosinohara_i0140歳の篠原涼子が

ますます綺麗で活躍中。

そんな彼女、私生活も

充実しているのだろうと

推測し、過去にさかのぼり

色々と調べてみましたよ。

sponsored link

篠原涼子プロフィール

 

 

篠原 涼子 (しのはら りょうこ)

本名  市村 涼子 (旧姓:篠原) (いちむら りょうこ)

愛称  涼たん、涼子たん

生年月日  1973年8月13日(40歳)

出生地  日本・群馬県桐生市

身長  162cm

血液型  B型

職業  女優

ジャンル  テレビドラマ・映画・舞台・CM

活動期間  1989年 -

配偶者  市村正親

家族  長男・次男

事務所  イー・コンセプト

 

 

主な作品

ドラマ  『光とともに…』   『anego』   『アンフェア』   『ハケンの品格』   『ラスト♡シンデレラ』

 

映画   『冷静と情熱のあいだ』   『Jam Films けん玉』   『THE 有頂天ホテル』   『アンフェア the movie』   『アンフェア the answer』

 

CDシングル  『恋しさと せつなさと 心強さと』

 

篠原涼子の略歴

 

アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」 (TPD) の初代メンバーである。

 51Iuf6ZWP8L__SL500_AA300_

 

 

 

 

1994年7月、小室哲哉プロデュースによる篠原涼子 with t.komuro名義で 「恋しさとせつなさと心強さと」(長編アニメーション『ストリートファイターII MOVIE』主題歌)を発表、 2年越しのロングヒットで売上220万枚を超えるメガヒットとなり、その年の『紅白歌合戦』に出場した。

 hqdefault

 

 

 

 

結婚前の家族は、父親と兄・姉。 母親は篠原が2歳の頃に交通事故で亡くなっている。

 

 

 

以来、父親の男手ひとつで兄姉とともに育てられており 篠原涼子の得意とする料理も父親から伝授されたものだそうです。

 

 

結婚については、相手の市村が24歳6か月も年長であり離婚歴もあったことから 当初は父親に反対されたとのことだが最終的には許可された。

 

 

その幅広い演技には定評があり、『ハケンの品格』でのイメージや演技が認められて、 2007年・2008年明治安田生命、産業能率大学がそれぞれ新入社員に対して行った 「新入社員からみた女性上司の理想像」の第一位に選ばれている。

 f0154325_2204114

 

 

 

篠原涼子が美しすぎる

 

出産前には少しふっくらした時期もありましたが、今はスタイルが戻ったどころかさらに良くなり、全体的に凄くキレイになった気がします。

 

昔からファンですが、ナチュラルな美しさと爽やかさがあって大好きでした。

年齢を重ねるにつれ、また私生活や仕事の充実もあるからか、どんどんキレイになる篠原涼、毎日適度に体を動かしたり、食べる物にも気を遣っているということです。

 

やはり、日々の努力なくして美しさを保つことには限界があると思うので、そういう話を聞くと納得です。

 

 

最近テレビで観ると本当にスタイルいいですね、腹筋が割れているようにも見え、とても二児の母とは思えません。

 photo205_01

 

 

 

さらに、そんな篠原涼子の結婚までの勝負について掘り下げてみます!

 

 

篠原涼子の結婚は略奪愛

 

さて、そんな篠原涼子ですが、 彼女には25歳年上の旦那(市村正親)がいるのは皆さんご存知かと思います。

 

t02200220_0360036010574061319

 

 

 

篠原涼子は現在40歳ですが、ドラマやCMを見る限りもっと若く見えますよね! 彼女のような綺麗で若い奥さんをもらった市村正親は世間のおじさま方から大変羨ましがられています。

 7bc9430d158b746ab4d331c1d513c477

 

 

 

 

そして二人が結婚するにいたっては、さぞ市村正親から篠原涼子に猛アタックしたのだろうと思われがちですが、 実は篠原涼子の方が市村にベタ惚れだったようで、市村の元奥さんから奪い取るという略奪劇までやって見せました。

 

 

 

そう、市村正親が篠原涼子と交際しだした時には市村正親はまだ元奥さんと結婚していたのです。

 

 

 

 篠原涼子の旦那、市村正親はどんな人?

 

*プロフィール*

本名 市村 正親(いちむら まさちか)

2937357_324x486

 

生年月日  1949年1月28日(65歳)

出生地  日本・埼玉県川越市

身長  170cm

血液型  A型

職業  俳優

ジャンル  舞台・ミュージカル・映画

活動期間  1973年 -

配偶者  篠原涼子

家族  長男・次男

公式サイト  市村正親公式ウェブサイト

 

主な作品

舞台  「エクウス」  「コーラスライン」  「エレファントマン」  「オペラ座の怪人」  「ミス・サイゴン」  「ラ・カージュ・オ・フォール」  「屋根の上のヴァイオリン弾き」  「炎の人」

 

映画  「ホテル ビーナス」  「十三人の刺客」  「ステキな金縛り」  「テルマエ・ロマエ」  「のぼうの城」

 

テレビドラマ  「獅子の時代」  「古畑任三郎」  「HR」  「江〜姫たちの戦国〜」  「王様の家」  「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」   「伝説の監察医 オニグマの事件簿」  「蛇蝎のごとく」

 

 

舞台芸術学院卒業後、西村晃の付き人を3年間務めた。

 

1973年、劇団四季の端役を狙ってオーディションを受け合格し、後にヘロデ役を獲得してデビューした。

 

翌年正式に劇団四季へ入団し、1990年に同劇団を退団している。

 

 

現在は、舞台からドラマ・映画まで幅広く活躍している。

 

篠原涼子と市村正親の出会いから交際

 

篠原涼子と市村正親は 2001年、蜷川幸雄演出の舞台「ハムレット」の共演をきっかけに交際が始まりました。

 f913cec6

 

 

 

篠原涼子は本格的な舞台は初めてで、 しかも稽古に厳しい蜷川幸雄の演出ということもあり酷く緊張していたそうです。

 

 

しかし、そんな篠原涼子に市村正親は優しく接し、親切に指導していたようで、 篠原涼子の緊張も次第にとけていったそうです。

 

 

 

市村正親は、篠原涼子のことを気にかけすぎて 自分の稽古が不十分になってしまい、珍しくセリフを噛むなどの場面があったりしたそうです。

 

 

 

そんな、市村の優しさに惹かれてしまった篠原涼子は舞台が終わった後も市村と連絡を取るようになり、 市村に妻がいることを知っていながらも交際をしてしまいます。 ここから篠原涼子の略奪愛が始まります。

001

 

 

 

篠原涼子に市村正親を略奪された元妻

 

当時、市村正親は妻であった八重沢真美とすでに別居中であり 夫婦関係は冷め切ったものだったようです。

 bbb-e1383974823945

 

 

 

八重沢真美を少し説明すると、 彼女は劇団四季の舞台女優で、同じ劇団四季の俳優だった市村とはそこで出会ったようです。

 

 

 

八重沢真美は市村正親との結婚(86年)を機に劇団四季を一旦退団しますが、15年後に復活します。 この復活するときに、「舞台に集中するため」という理由で市村と別居をしました。

 

 

 

実際の別居の理由は市村の女癖の悪さに我慢が出来なかったのが本当の理由らしいと言われています。

 

 

 

市村正親は八重沢真美との結婚生活中にかなりの数の浮気をしていたそうで、 夫婦関係はかなり前から亀裂が入っていたようです。

 

 

 

二人はそんな仮面夫婦の状態でも妻の我慢でなんとか取り繕っていましたが、 篠原涼子と市村の関係に気づいてしまった八重沢真美はついに別居を決意しました。

 

 

 

八重沢真美と篠原涼子は舞台「ハムレット」の楽屋で結構長い時間話したことがあったそうで、 そんな全くの他人ではない篠原涼子に旦那を盗られたことは彼女としてはどうしても許せるものではなかったようです。

 D2DA2332FC9F9E9820FC4438E73_h287_w329_m2_q80_cyeGaNMph

 

 

 

 

八重沢真美は離婚には躊躇していたようですが、 心が完全に篠原涼子に行ってしまった市村を見て、別居した翌年には離婚を覚悟します。

 

 

 

離婚するにあたって八重沢は裁判でもするのかと世間では騒がれましたが、 実際には裁判などはなく、彼女は綺麗に身を引いています。

 

 

 

篠原涼子の略奪愛に父親は

 

 

2003年に市村正親の離婚が成立し、晴れて独身同士になった市村正親と篠原涼子ですが、 すぐ一緒になるのかと思いきや、結婚は2年後の2005年でした。

 

 

これには理由があり、篠原涼子の父親が自分と同年代の市村正親を心良く思わず結婚に反対したからだそうです

 

 

また、篠原涼子が事実上元妻から市村をとってしまった娘の略奪行為が どうしても許せなかったというのも父親が結婚に反対した理由でもあるようですね。

 

 

二人はその空白の2年に何度も篠原涼子の父親に会いに行き結婚を許してもらえるよう説得に行っています。

 

 

そんな結婚をかたくなに許さなかった父親ですが、「早く子供を作るなら結婚してもいい」とついに結婚を許します。

 

 

じつは、この父親の言葉には少し意味があります・・

 

 

篠原涼子の父親はこのときかなり体調が悪く、自分の寿命がもうあまりないことを悟っていたようで、 死ぬ前にせめて孫の顔を見たいと思ったので結婚を許したのではないかと言われています。

 

 

事実父親は二人が入籍したあとすぐに入院し、二人が結婚式を挙げた3日後に亡くなっています。

 

 

篠原涼子の子供につて

 

結婚して3年後に二人は子宝に恵まれます。 還暦間際だった市村正親、記者会見での質問は子作りについての質問が大変多かったと記憶します。

 t6ciZDdLbYdGhla_18772

 

 

 

2008年に篠原涼子は代一子を出産したのですが、  出産が発表された翌日の新聞には「愛はバイアグラを超えた」という 以前、故岡田真澄が言った言葉を見出しに使い、篠原涼子の出産を報道していました。

 

 

 

子供は男の子で、青山学院の付属幼稚園に入学させています。 篠原涼子は大変なお受験ママらしく、息子の教育に非常に熱心だそうです。

 logo_aoyama_01

 

 

 

これにはじつは理由があり、篠原涼子が高校中退で社会に出てから苦労したため、 息子には自分と同じ苦労をさせたくないという思いがあるためと言われています。 青山幼稚園は大学までのエスカレーター式であるため、幼稚園に入れてしまえば篠原も安心だったんでしょうね。

 

 

 

2012年には第2子が生まれていて、こちらも男の子です。

 

 

 

 

私生活も仕事も順調で益々綺麗になったと変わらず人気の篠原涼子。 今後の活躍からも目が離せません。