m_uchidayuki大人の切ないラブコメディーの
最後から二番目の恋が好評で
続編も始まってますよね。

それに出演している内田有紀が
超かわいいので掘り下げてみます。

 

sponsored link

 

内田有紀プロフィール

 

名前 内田 有紀(うちだ ゆき)

生年月日  1975年11月16日

現年齢  38歳

出身地  東京都中央区日本橋

血液型  O型

デビュー  1992年

ジャンル  歌手、女優、モデル

 

中学校在学時からモデル活動やCM出演などをしていて特技はフェンシングだそうです。都大会では3位という、特技というレベルを超えた実力の持ち主のようですよ!

1992年に女優デビューし、1993年にユニチカの 水着キャンペーンモデルに選出され、この頃から芸能活動に専念するために藤村女子高等学校を中退している。

私生活では、2002年(平成14年)末、テレビドラマ 『北の国から』で共演した俳優、吉岡秀隆と結婚(結婚式は北海道・富良野で行われわだいとなりました)し同年11月28日をもって芸能活動を停止していたが、2005年(平成17年)12月に離婚している。

 

 

 

最後から二番目の恋での内田有紀の演技と衣装

 

今回は続編である「続・最後から二番目の恋」が放送されています。

出演者全員が非常におもしろいキャラクターをもっておりドラマも面白くて大好評なようです。

内田有紀の役どころはといいますと、長倉万理子という37歳の脚本家志望の女性で、長倉家の次女であり、真平(坂口憲二)の双子の姉です。

極度の人見知りで、人の何気ない言葉に深く傷ついてしまう繊細な心の持ち主なため自室に引きこもりがちでなかなか人とうまくコミュニケーションがとれません。

しかし、千明(小泉今日子)との出会いがきっかけで徐々に変わっていき、テレビ局のディレクターである千明にその個性を買われて同じドラマチームで働き出し今では脚本家を目指しているんです。

そして、千明に心をよせる不思議な女の子をとてもかわいく演じています。

 

スクリーンショット-2014-05-01-22_57_54

動きから言葉づかいまでコミカルで、ドラマ内でもマスコットのようにかわいがられています。

コミュニケーション障害を抱えているという役で、独特の雰囲気を時にはかわいらしく演じられているわけですが、衣装も独特です。

とても個性的でかわいいし、真似してみたいかも?なんて思ってしまいそうなのですが、もともと綺麗な顔立ちの内田有紀が着るからかわいいんじゃないかなと思います。

 

 

5c2e1ab88ca73be29be2eaf94d3ab97717630e97_57_2_9_2

そんな衣装ですが、ネイティブ系の柄ものが多く、よく着用しているパーカーはのブランドは、gym master 【ジムマスター】 総柄ボアフリースジップパーカー G521525 でだそうです。

ホント、とってもかわいくて独特のファッションセンスにはまってしまいます。
このドラマでは、小泉今日子さんが着用する衣装から小物も素敵で、よく注目されていますよね。

ストーリーも面白いのですが、万里子(内田有紀)の言葉回しや動きについつい目が行ってしまいます。

 

 

スクリーンショット-2014-05-01-22_58_37

それにしても、内田有紀も38歳なんですね。
役での万里子も37歳という設定なのですが、とても37歳に見えないかわいらしさです。

 

 

safaery

実際の内田有紀も、離婚後女優復帰してから、どんどん綺麗になっているように思います。

当然、もともと綺麗というのもあるのですが、演技力も上がり女優としての実力とともに輝きが増しているのではないでしょうか。

「続・最後から二番目の恋」も中盤を超えて先日、第8話が放送されました。
最終回になるのが寂しいです、相棒みたいに続いてくれないかなぁなんて思ってます。

 

 

内田有紀の悲しい生い立ち

 

内田有紀は裕福な家庭に生まれたそうなのですが、幼いころから両親の喧嘩が絶えず、その矛先が内田有紀に向くこともあったそうで、内田有紀は幼いころから両親の顔色をうかがうように過ごしていたそうです。

結局、両親は内田有紀が小学校2年生の時に離婚をし、父親に引き取られて生活をしていたそうなのですが、父親はすぐに新しい女性と再婚をし、娘が邪魔になったのか居場所をなくしたようです。

そして母親に引き取られることになり生活を始めるも、母親も再婚し、また居場所をなくしてしまいました。

それからは祖父母のもとで暮らすようになるのですが、そういう複雑で転々とする生活が辛かったのでしょうね、高校入学後はアルバイトやモデルの仕事をしながら1人暮らしを始めたそうです。

 

 

o0640064011847469908

芸能界デビュー後は華やかで、人気絶頂ともいえる時に吉岡秀隆さんと結婚し専業主婦になったのですが、あっという間に離婚をしてしまいました。

離婚原因の説はいくつかあるようですが、家で留守を守ってくれると信じ仕事に明け暮れる夫の不在の孤独に耐えかねた(生い立ちからも寂しさに敏感)というもの。

また、意外ですし真実は分からないのですが、実は吉岡秀隆さんとうまくいってなかった事が原因と噂されたこともあったようです。

ですが、いうまでもなく離婚後の活躍も華々しく順調と思えますが、こういった彼女の悲しい生い立ちから、最後から二番目の恋でコミュニケーション障害をもつ万里子の役は、自分とも重なる部分もあり、実は色んなことを感じ、考えながらとりくんでいるのかもしれませんね。

万里子の役が視聴者の心にズバンと入って掴むのも、内田有紀の演技力だけではなく彼女の悲しい生い立ちが自然に生み出している部分もあるかもしれないと勝手に思ってしまいます。

とにかく、いつまでも美しく演技力もその幅も増している内田有紀さんの今後の活躍にも期待していきたいと思います。